Bijou de ARSNOVA

Color

「ピジョンブラッド」を追求し過ぎると、「ピジョンブラッド」から遠ざかってしまうことがあります
どのビルマ産ルビーがピジョンブラッドか・・・ということを必死で論じる風潮があります。
当然なのですが、ピジョンブラッドカラーには色の幅があります。
一つの色を指して、「これこそがピジョンブラッド・・・他は違う。」そのような性質のもの
ではないのです。遠い昔ビルマの谷から美しいルビーが採れた時、鉱夫やルビー商人達が
大らかで率直な言葉で「このルビーは鳩の血の色のように美しい!」と言い合ったことが
ピジョンブラッドという言葉の始まりだと思います。
「鳩の血」というどこかロマンを掻き立てる言葉はいつしか一人歩きを始め、現代では
商売の道具にされているような印象を受けます。
 
ルビーレッドの素晴らしさは、イマジネーションを限定してしまっては味わうことは
出来ません。アルスノヴァの所蔵するマハラジャジュエリーに使われているルビーの大らかで
力強いルビーをご覧頂けば、ルビーレッドの持つ懐の深さがお分かり頂けると思います。
「ピジョンブラッドカラー」のルビーは実際に存在をします。経験が豊かで、物事を限定して
捉えない宝石商の言葉を信じて頂きたいと思います。またピジョンブラッド以外にもビルマ産
ルビーには評価の高い非常に美しいお色があることもぜひご存じ頂きたいと思います。
小粒でも燃えるような赤さを宿した非加熱カボションルビー。
アルスノヴァでは1ctを切る重さのものから10ct、20ctを
超えるルビーまで加熱、非加熱を問わず最高品質のビルマ産
ルビーをご用意させていたくことが可能です。