Bijou de ARSNOVA

Profile

優雅で自在なデザインと、卓抜した技術を誇りに、これからも・・・

2001年、五十嵐 苗穂子が発案、製作をした『宝石万華鏡』(定価100万円、300台を製作)は、各方面から賞賛を受けました。21カラットの天然宝石が織りなす夢の世界をのぞくことが出来る『宝石万華鏡』・・・その美しさは筆舌に尽くし難く、多くの方々から大絶賛を受けたのです。

2004年より、アルスノヴァが独自のルートを開拓し、販売を開始したインドのアンティークジュエリー・・・『マハラジャジュエリー』は、今では『アルスノヴァ』の象徴とも言える存在となっております。世界でもいまだ知られることの少ない、インドのアンティークジュエリーのパイオニアとして、アルスノヴァは着実に評価を高めております。

2009年4月、ハナエモリビルの建替えに伴い、中央区銀座へと移転。

代表取締役 五十嵐 苗穂子
1969年生まれ
東京造形大学デザイン学科家具コースを卒業
卒業後はインテリアの仕事の従事
1998年より『アルスノヴァ』のジュエリーのトータルプロデュースを行う
2000年、Bijou de ARSNOVA 株式会社代表取締役に就任

back
宝石万華鏡の内部。宝石がおりなす優美な世界は『荘厳』と形容するにふさわしい美しさです。